Issue #24 ボディワークにおけるクライエントの役割 ケーススタディ:トシ

Presencing Issue 24.-1png日本でのセッションでしたが、トシに初めて会った時、彼は11歳でした。彼は喘息を持っていて、パニック障害と夜の睡眠障害に悩まされていると知らされていました。彼は有名付属中学・高校の受験を控えているとのことでした。日本では、この年齢での学校の選択が学歴と人生の選択を決定するものにもなりうるのです。彼は母親と一緒に来ました。眼鏡をかけ、紺色の半スボン、ブレザーを着て帽子を被り、リュックを背負っていました。彼の背は低く、かなり恥ずかしがり屋で私とはほとんど目を合わせませんでした。話すのも、母親と通訳を務めてくれているこいとを通してやっと話をしていました。彼の父親が鬱で仕事に行けないこともあり、様々な不安があると母親とこいとは事前に教えてくれていました。

トシは、死ぬことを心配していると言いました。彼は最近、自分の死の夢を見たのです。私はImage From Presencing Issue 24-2彼に夢の詳細を尋ねました。彼は、「自分が棺に横たわって、周りで悲しんでいる人がいるのを見ました。自分の顔も見えました。僕は年寄りでした。」私は言いました。「もしかすると、君は十分歳を取るまで生きることが分かったのだから、幸運なのかもしれないね。」そして、若い時分に私も似たような夢を見たことを彼に話しました。
それから母親が、トシが受験のことを心配していると言いました。彼は頷きます。彼の母親は、彼への心配だけではなく経済的な心配と安定への不安などの多くを彼にも与えてしまっているように見えました。話をしている時、彼女はかなり不安そうで緊張で震えているようでした。私は頭の中でこう考えたのを覚えています。「トシは母親を心配しているのだ」と。

トシと同じ年齢の頃、私も似たような状態にいました。父親はいなくなり、母は常にお金と安定について不安を抱えていたのです。私は、私が彼にボディワークをする前に、お母さんに一緒に施術をしようと提案しました。そうすれば、彼が彼女を落ち着かせることができるし、またこれから彼が母親にしてあげられることをいくつか手渡してあげられるだろうと思ったのです。

Image From Presencing Issue 24-3トシの母親にマッサージテーブルに横になってもらいました。私は15分ほどトレガー®をしました。私が彼女の頭、首、肩に働きかける間、トシには彼女の足に手を置いて欲しいと頼みました。(そうすることで)。彼がエネルギー的に彼女をグラウンディングさせられます。彼は大変注意深く彼女の足を持ってあげていました。それから私は、胴体と骨盤、下肢に働きかける間、彼には、手で彼女の首を揺りかごに乗せるようにしてあげて欲しいと伝えました。彼は彼女の身体の動きが伝わるのが感じられ、身体がリラックスするのも感じられたのです!それと、彼が一人でもできるシンプルな動きも見せて教えました。彼女は、彼の手がとても気持ちよく感じられるよ、と伝えてあげていました。

今度はトシがテーブルに乗る番です。彼の母親はかなりリラックスし、ゆったりと椅子に腰掛Image From Presencing Issue 24-4けてうとうとしていました。私は、母親にしてあげたようなトレガーの全身への動きから始めました。彼はこいとに、とても気持ちがいいと伝えました。「キモチイイ?」と私が言うと、彼は「はい」と答えました。暫くしてから、私はトシに目を瞑って身体を内側から感じるよう伝えました。彼はそうしました。とてもゆったりとして、より自由に呼吸ができるようになりました。私はその時、彼くらいの年齢だった頃に私を助けてくれた大人の男性たちに想いを馳せ、彼を手助けできる大人の男性として何かできることを示して欲しいと心の中で求めました。私は、彼には彼の恐れと肉体的な成長に役立つような、彼自身が使えるやり方が必要であることが認識できました。私は、レイキの臨床的なアプローチで、クライエントにも用いている「エネルギーツール」のいくつかを彼に教えようと決めました。

Image From Presencing Issue 24-5私は第二チャクラの見つけ方を見せてあげました。おへそから指2本分下がったところだよ、と。日本ではこのスポットは「丹田」と呼ばれ、武道家たちによく知られています。両手を丹田に乗せてもらい、私の手を彼の手の上に重ね、レイキをしました。置いている自分の手に向かって呼吸を吸ったり吐いたりするよう彼に告げました。彼はそれをやってみて、すぐさま手が熱くなるのを感じました。そして私は訊いてみました。「そこでは何を感じるかな?」トシは答えました。「いっぱいあったかくなって、身体に強い感じが入ってきます。」それから私たちは、第三チャクラ、太陽神経叢に移動しました。「じゃあここは、何を感じますか。」彼は暫く時間を取ってから言いました。「ほっとした感じと、静かな感じと、すごくあったかいです。」次は第五チャクラ、喉と胸の上部です。彼がいかにすぐに呼吸を入れられて、身体のエネルギーを感じることができたか、私は驚いてしまいました。彼はまた、彼が感じているようなエネルギーに対して大変繊細でした。「何かが開いて流れている感じです。風とか水みたいです。」私はこいとを見て、「スゴイ!」と言いました。

それから私は手を離し、三つの手のポジションを繰り返し、そこに呼吸を入れ、それぞれの感Image From Presencing Issue 24-6じたエネルギーを説明するのに使った言葉をそれぞれ繰り返すようにトシに頼みました:「強い、静か、開いている」。彼は自分一人でこれを続けました。そうしている間に、彼の手はとても赤くなってきたのです!彼の呼吸はどんどん深くなりました。それらのエネルギーセンターに呼吸をするのが好きかどうか、私はトシに訊いてみました。「はい」と彼は答えました。これで彼は自分の身体の内側でのエネルギーの感覚を得られたので、今度はエネルギーセンター同士のつながりを作り始めてみたらどうかと提案しました。片方の手をエネルギーセンターに、もう片方の手を他のエネルギーセンターに置くのです。「強さ」のセンターに呼吸を入れ、「静か」なセンターから呼吸を吐く、というように。彼は実際、エネルギーあるいは気を、身体を通して動かすのを学んでいたのです。この技術を日常的に実践したら、彼はもっと大きく強くなり、恐れがなくなるだろうと私は彼に言いました。彼は毎日やります、と言って、そして実践してくれました。

セッションを終えた時には、トシはきちんと私を見ながら話をしていました。心地よく呼吸をし、背が伸びたように真っ直ぐ立っていました。私も同じになっていました。彼はとても真摯で、私のアドヴァイスを遵守するに違いないと私は認識しました。母親と彼自身にできることを手渡したことにより、彼はもっと力づけられ、自信を持ちました。彼は自分のセッションに、全てに、自分から参加していました。私たちは、ソマティクス的な意識と内なる自信のためのツールをクライエント一人一人に与えることができる、そう信じています。もしも、私たちが身体意識とプレゼンスの理解をさらに広げ始めたなら、共にクライエントその人を探求し、発見していく感覚へと招くことができるでしょう。トシはその後、難なく試験に受かり、背が伸びてより自信をつけました。彼はこいとに、私の写真を送ってもらえないかを聞いてきました。
一年前に私が聞いたのは、彼は少林寺拳法のティームに入って練習に励んでいるとのことでした!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s